1点の重み⚖

 昨日のDMに続き、札幌:ばんけいスキー場で「第41回北海道スキー選手権」MOが行われました。札幌は昨日最高気温が8℃だったようで、コースコンディションも気になるところです(動画を観る限り今日は雪のようです)。また、昨日のレースからの立て直しも気になります。
 予選では、白馬乗鞍の時と同じエアで、印象としては「じっくりしっかりと滑って」8位。決勝へ進出できる12名に残りました。ターンのベース点が12.6~13.8点と今一つでした。決勝ではやはり全員が予選より1秒ほど縮めてきて点数を上げてきました。柊伍選手は目立ったミスもなくいい滑りをし、ターン点も14.1~14.5点と、エア点、スピード点も含めて予選より上げ、トータル70点台にのせてきましたが、順位としては7位という結果でした。昨日はミスが目立ちましたが、今日は2本とも減点は少なくしっかり立て直せてきたと思います。4~7位まではほんの1点程度の差。Japanメンバーに食い込むためにはそれぞれの要素でコンマいくつを重ねて縮めていく必要があります。少しの差をこれからどう埋めていくか注目したいところです。
 今度の週末も2週続きで🎿ばんけいスキー場で行われます(「フリースタイルスキー札幌モーグル競技会」「宮様スキー大会国際競技会」)。引き続き応援をよろしくお願いします。

 決勝のすべてのレースはこちらから(柊伍選手は3:22頃からです)
 リザルト(結果)はこちらから


 以下選手コメント(3/2追記)本人は感覚はまた違ったようです…。

<菅野柊伍選手より>
 国内大会第三戦は北海道札幌市のばんけいスキー場で行われました。今回はDMも開催され、前回大会では優勝経験もあるため気合いを入れて臨みました。結果としては、
 DM 7位
 MO 7位
でした。結果に関しては望んだ結果に到達出来ませんでした。DMではジャンプで普段の練習とは違う地点に着地してしまいミスをしてしまいました。このミスが自分の中ではとても大きく、2日目のMOに集中出来ず引きずってしまい結果がうまく伸びませんでした。今回で自分の精神的な弱さや、技術面での足らないところが浮き彫りになりました。
 今週末でも同じスキー場で大会が行われる為、それまでに今の欠点を克服したいです。今回大会で応援して頂いた方々ありがとうございます。次の大会でも良い結果が報告できるように頑張りたいと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA