Beijing2022~モーグル開始!~

 北京オリンピック2022がいよいよ始まりました。モーグルは、開会式前の競技開始であることや、ワールドカップでの日本人選手の好調ぶりで、メディアでも多く取り上げられています。
 昨日予選1回目が行われました。通常の国内大会での形式とは異なり、30名のうち上位10名が決勝進出、他の20名は敗者復活的に後日予選2回目に挑み上位10名が決勝進出、と最低でも2回のチャンスが与えられるそうです。20名で実施される決勝では、1回目で上位12名、2回目にさらに上位6名に絞られ、3回目でいよいよメダル🥉が決まるスーパーファイナルとなります。
 日本勢は男女とも2名決勝、2名予選2回目へという結果でした。8選手全員素晴らしかった👏と思いますが、特に、10年以上前から間近で活躍を見ていた星野純子選手の滑りには魂を感じました。初出場のソチ以降、怪我を乗り越え、若手が多く台頭する中、直前に2大会ぶりの出場を決め、逆境に強く、経験値の高さを示してくれたように思います。星野選手は柊伍選手の大学の大先輩で、県内のリームリステル所属ということもあり、夏場の練習はご一緒させていただくことも昔から多く、猪苗代でワールドカップをやっていた時期は必ず観戦し、ずっと応援していました。3年前に猪苗代で全日本選手権があった際には、DMで星野選手は女子で優勝、柊伍選手は高校生ながら男子で4位(優勝が堀島選手)に入賞し、新聞等で一緒に取り上げていただきました。

 モーグルコースについて、ソチか平昌かで不規則なコブ配列が話題になっていた気がしますが、今回は完全人工雪でかつ超低気温🥶、通常減速する第2エア直前での急斜面などが話題になっています。ただ、選手にとって条件は同じなので、「勝った選手が強い!」ということになるのでしょう。今回に限らず、またモーグルに限らないことですが、少しのミスが順位を大きく変動させます。 予選2回目に回った4選手も決勝進出は間違いないと思いますので、ぜひ適度な緊張感と平常心で爆発💣してほしいと思います。日本人選手だらけのスーパーファイナルに期待。がんばれニッポン!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA